PROFILE
OMOUKOTO(おもうこと)
つぶやきはあくまでつぶやきであって、それがたとえつぶやいた本人の本心であっても、「あー、腹減ったなー」程度のレベルのもので、他人を巻き込んだり、何か重要なことを決定するものでもなければ、真剣に受け取らなければいけないものでもない。だが時につぶやきは、そのつぶやき方によっては、それを聞いた者にとてつもない不快感や災いを与えたり、傷つけたりすることがある。ともすれば、人を死なせてしまうことさえも…。つぶやきはわざわざ他人に聞かせるものではない。一人でボソリと口にすればいいものだと思う。20170201
CATEGORY
LINKS
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
ENTRY
COMMENT
ARCHIVE

狼はブラックコーヒーが好き

ブラックコーヒーみたいなブログ…かな? 飲みたい人は飲むだろうし、そうじゃない人は飲まない…。 たまには砂糖やミルク、入れることもあるかもね        

       

 「RIZIN」…そしてよいお年を

年末のここへ来て風邪らしい。予感はあった。2〜3日前からノドがヒリつくように痛かった。夕方少し寝て起きたら腹が減っていたのでがんばってにしんそばを作って食べた。メッチャ咳き込むんだけどとりあえず食べないと咳止めが飲めない。

 

明日はまた鳥取へ行く予定だったけどこの状態じゃ無理。明日は一日寝ることにしよう。でも今夜は楽しみにしていた格闘技番組「RIZIN」がある。見たい。5時間45分。長い。録画しといてもいいが、録画の番組量が増える一方であとで見るのも大変。しっかり用心して見てしまおう。とりあえず試合見ながら思ったことを軽く書いていこうと思う。

 


かつてのK-1・PRIDEの時代、大晦日の夜に2局でその両方を放送していて、どっちかを録画して全試合を見たものだ。いくら好きなものでも多過ぎる(長過ぎる)と吐きそうになるね。多分この記事も長くなると思うけど、吐かないでね。

 

始まった。

 

・高坂剛 vs バルト

たとえバルトがどんなにいい人でも格闘家としてはまったくおもしろくない。昔の曙もつまらなかった。大きな体と重い体重で押さえ込み動きを封じ何も出来なくさせて、そんな相手をただ単調に小突いてるだけ。まあでもそれも格闘か…。そんな映像を延々見るのはしんどい。バルト、おもろいバトルを見せてくれ〜。

 

・キング・モー vs ミルコ・クロコップ

こちらはまたどっちかと言えば決まる時はあっという間に決まってしまった試合だが、立ち技でKOで決めちゃったわけで、なかなかに潔く、見ててスッキリした試合だった。ミルコの勝ち!

 

・村田夏南子 vs 中井りん

中井りん…ナニあの筋肉!! ハンパねえーー!!

 

・坂田亘 vs 桜井”マッハ”速人

坂田亘…スタイルと言い体の色ツヤと言い、さすがは小池栄子の旦那さん。でもボコられて負けちゃったのはやはり13年のブランクではしょうがないのかも。いい思いいっぱいし過ぎ? ハングリーだったらどうだっただろう。桜井“マッハ”速人…オレは今まであんまり知らなかった選手だけど、今日見る限りではこの人が何故“マッハ”なのかちょっとわからなかった。でもイイ人じゃん。試合中ずっと画面に出ていた小池栄子の顔がじゃま。格闘家同士の闘いを見たいのであって試合中に選手の奥さんの顔は見たくない。

 

・ディラン・ウエスト vs 才賀紀左衛門

才賀の奥さんのあびるの顔もじゃま。キイキイ声もうるさいし、試合が早く終わってよかった。テレビはなんで試合を普通に見せてくれないのかなあ。

 

・那須川天心 vs ニキータ・サプン

那須川の腕、折れそうだったね。よく抜いた。そして勝った。


・ギャビ・ガルシア vs 堀田祐美子

ギャビってけっこう絶頂期? デカイし。 堀田49才じゃちょっときついよね。何もしないうちに負けちゃった。これが予定通り神取だったらどうだったんだろう。

 

・アンディー・ウィン vs 山本美憂

何だかよくわからないうちに山本選手、負けちゃったね。もうちょっと長く見せて欲しかった。

 

・RENA vs ハンナ・タイソン

魅せてくれた試合だったと思う。けっこう楽しめた。RENAが勝ったのもよかった。

 

・ミルコ・クロコップ vs バルト

デカい人は必ずと言っていいほど相手に組み付いて押し倒し、押さえ込んで動きを封じようとする。そうなるとそうされないように逃げるしかなく、その様子は絵的にもみっともなくなる。やっぱりそうなったけど、えっ?! 一体何が起こったの? バルトがお腹を抑えて逃げ出した。どうやらバルト、ミルコをコーナーに押し込んだ時にひざで鳩尾あたりを蹴られたようだ。あっという間に勝負がついてしまった。秒殺? すごいな、ミルコ。

 

・山本アーセン vs 所英男

所さん、一体いつまでフリーター? と思っていたらアーセンのストレートを食らって所が倒れテイクダウンされた。これはヤバいか…?と思っていたら、あれはナニ? 腕ひしぎ十字固め? あっという間にアーセン、ギブアップ。これまたすごい。

 

・カウイカ・オリージョ vs 那須川天心

スピーディーでおもしろかった。勝者、18才?那須川、将来有望選手。

 


 うう…油断すると咳が出る。咳グセがつかないようにいつものように必死に我慢。

 


・川尻達也 vs クロン・グレイシー

さすがグレイシー柔術継承者クロン。相手を引き込んで倒し、下から的確に攻撃を加える。上にいて何も出来ない川尻。何とか川尻立ち上がり、上からクロンを踏みつけるのはいいけれど、ちょっと調子に乗り過ぎたかな。踏みつける回数が多過ぎてその足をキャッチされ、また引き倒される。それも2度も。

 

・朝倉カンナ vs アリーシャ・ガルシア

何だかすごいな。JKが大晦日にこのステージ、このリングに立つなんて。で、1ラウンド終わってCM明けで…え?! 第3ラウンド? 2ラウンドめって見たんだっけ? カット? やめてよそういうの。長時間やるくせに。オレは気持良くKOとか、技を決めてタップという決着が好きだけど、朝倉負けて残念とは言うものの、この場合、判定でよかった気がする。おもしろい試合だったと思う。

 

・北岡悟 vs ダロン・クルックシャンク

壮絶な殴り合いだった。8分くらい? どちらもなかなかタックルに行かない。そしてついに北岡が動いた。タックルしテイクダウン。そしてあっという間に、あの技の名前知らないけど、下から相手の首を抱え込み締め上げてギブアップさせた。しかし殴られて血まみれの北岡、試合後のマイクパフォーマンス、ひょうきんだ。

 


え? なんで途中でジャニーズ? 次の番宣? そんなんいらんいらん。番組がムダに長うなるだけやん。

 


・宮田和幸 vs アンディー・サワー

昔からミルコも好きだったけど、このアンディーも好きだった。もうすぐ41才か。しかし昔一世を風靡した人たち、よく今も戦うよなあ。やはりアンディー、負けたか…。

 

・アラン・ナシメント vs 元谷友貴

一生懸命戦っているのに申しわけない。そろそろしんどい。ちょっと飽きて来た。

 


このへんであんまり知らない選手たちの試合の様子をかなりはしょりながらOA。おもしろそうな場面だけ映したら全部見とうなるやん。いけず。

 


・GP決勝 ミルコ・クロコップ vs アミール・アリアックバリ

てか、このアミール・アリアックバリ、トーナメントで勝ち上がって来た試合全然見てないし。だからどんな選手かちょっとわからないのが残念。・・・うわっ! すごいミルコ! まずカウンターの左フックか。そして追いつめてまた左。相手はダウン。また秒殺。しかしやっぱりこれじゃ相手がどう強くて決勝まで来たのかわからない。でもミルコが優勝したのはうれしい!

 


以上が約6時間かけて書いた今年最後の記事です。しかし放送が6時間近くはやっぱり長い。いくら好きでも疲れる。長くてもせいぜい4時間くらいがいい。ブログまでこんなに長くなっちゃったし。やっぱあかんなー、こんな長い記事。試合見ながらキーボード叩いてたんだよ。体調もさることながら、こういう格闘技は見ているだけでもついついリキ入ってしまうよね。グッタリ。

 

また咳出そう。もう寝よう。明日は一日寝るぞ。

 

では皆さん、よいお年を!

 

 

 

JUGEMテーマ:テレビ番組

comments(0)
pagetop
 フィギュアGPフランスの真央ちゃんとメドベデワ

浅田真央ちゃん、つらいねえ。ホントはインタビューにも答えたくないよねえ。インタビューするほうもつらいよね。テレビインタビューの次は各記者さんたちの前へ…。その背中も何だか悲し気で…。3アクセルジャンプをやめたら他のジャンプまでもが・・・・。ああなると他の良い部分を褒める解説者の言葉もどことなく虚しいね。もしかして3アクセルジャンプにチャレンジし続けたほうが、他のジャンプも元通りちゃんと出来て、輝きも戻るんじゃないのかなあ。

 

 

それにしてもメドベデワの演技力、なかなかのもの! ただ、ラストの電話のシーン、あれだとあらかじめ悲しい知らせとわかってて電話に出てるよね。最初から呆然とした表情で受話器を取るのではなくて、ベルが鳴って「彼からだ!」という喜びにも似た期待の表情がひとつあって、チョイ間を置いて(訃報を知らされ)呆然顔…になればもっとよかったね。その前の演技の流れ具合によってはそんな時間の余裕ないのかな? でもそうでないと成り立たないし…、むずかしいチャレンジだね。でもすごい、メドベデワ!

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

comments(0)
pagetop
 サッカー、対タイ戦

あれだけボールを支配して、
あれだけチャンスを作って、
あれだけシュートを打って、
それでさえ得点出来ない、ミスも多い日本。
あれじゃようやくゴールを決めても吠えられないよ。

 

2−0でも勝った気がしないんだけど、
この先日本大丈夫?

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

comments(2)
pagetop
 リオ五輪女子バレー日本、順当に敗退

ついさっきリオ五輪女子バレー準々決勝、

対アメリカ戦終了。

 

日本チームは幸運には恵まれず、

実力通り順当にストレート負け。


それでいい。
運で勝っても意味がないから。

本当に強くならないと。


さてそれまでに何年かかるか…。


果たして次の東京五輪は、

どのくらいのレベルで迎えられるだろうか。


もしかしたら、

まだそこは通過点でしかないかも知れない。

 

オリンピック以外の他の大会だって、
オレは女子バレーは好きだから、

応援しているよ。


一喜一憂楽しみたいね。

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

comments(0)
pagetop
 ラッキー! 女子バレー日本

女子バレー予選リーグ、アルゼンチンを下して4位に食い込み、何とか準々決勝へ進めたねー。

 

でも、ストレート勝ちにも関わらず、こんなに喜べない勝利はなかったなー。アルゼンチンも強いわけじゃないけど、弱い日本に負けちゃって気の毒な気さえした試合だった。

 

試合後のインタビューで迫田選手だったかの言葉の中に「ホッとした」というのがあったけど、まさにその通りじゃないかな。番組キャスターの小泉孝太郎も織田信成も「ホッとした」らしい。だからこの先、日本らしい試合を見せて欲しい…と。ただその横にいた女子アナは「日本は実力はあるわけですから…」と一人ズレていた。が、彼女たちも大変だ。出来るだけマイナーなことは言えないわけだからね。そこを上手く言うのが実力あるアナウンサーなんだろうけど。

 

次は予選リーグ全勝で来たアメリカとの対戦らしいが、この先は日本は大きな運任せ。何とか幸運に恵まれて勝ち進み、ぜひ念願の金メダルを! あっ、それはあってはならないか。実力にかけ離れ過ぎていては気持ち良くないね。せいぜい奇跡の銅メダルを! メダルは多分栄養になると思うから。もし4位でもラッキーだし…。

 

こんな書き方してるけど、オレ、これでも応援してるんだよ。(笑)

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

comments(2)
pagetop
 五輪サッカー緒戦

対ナイジェリア戦、最高にガッカリ!

 

いつもそうだが、点取り合戦になるにしてもならないにしても、とにかく日本は先に得点しないといけない。万が一先取されても絶対取り返して勝ち越さないといけない。なのに前半先取され、追いつくことさえ出来ず、3−2という1点ビハインドのまま前半が終わり…、

 

何が何でも後半は先取先行しないといけない。しかし、また相手に先取されてしまった。これで2点のビハインド。

 

実況アナウンサーは、もう後半15分も過ぎていて4−2で負けていて、しかも試合状況も明らかに劣勢なのに、何をどう考えてか「まだ時間は充分あります」などと言っている。それからほどなくしてまた失点。これで5−2。

 

いろんな悪条件・不運が重なり、現地入りが試合の6〜7時間前…と、準備もままならなかったナイジェリアに大いなる余裕を与え、日本不甲斐ないと感じた。

 

しばらくして日本、得点して5−3になり多少活気づくが、相手はまだまだ余裕の守備。

 

残り10分でも実況アナウンサーは「まだまだ追いつく時間は残されています」と言う。ホントにそう思っているのか? 思ってなくてもそう言うべきなのか…? たしかにサッカーは試合終了のホイッスルまで何が起こるかわからないのだが…。

 

プレーが止まると相手は時間をたっぷり使いこちらをイラつかせる。残りあと5分の段階でも2点ビハインドのまま。相手も疲れているようだが、動きはゆっくり、時間をかける。

 

アディショナルタイムが5分ということで、せめて1点差まで詰めて欲しいが、期待は出来そうにない。解説を聞いていても、もう期待していないことが伝わって来る。

 

アディショナルタイムあと1分弱というところで日本得点! 5−4! しかしあと1点取らないと何の意味もない。せめて引き分けて勝ち点1を取らないと。

 

たとえ次の試合で勝ったとしても、今日のこの大量失点は今後、「得失点差」ってやつに響いて来ることが大いに予想出来る。

 

監督も選手たちもがんばっていることは素人のオレにもよくわかるが、やっぱり失点を少なく抑え勝ち点いっぱい取らないと…。

 

次に期待しよう! 10−0で勝てば何とかなるさ!

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

comments(0)
pagetop
 素直に喜べない日本女子バレーリオ五輪出場決定

対イタリア戦…、見ていてメチャクチャ疲れた。

日本が第1セット第4セットを取ってリオ五輪出場が決まった時点で、順当に行けば第5セットはイタリアが取り、日本の負け試合は目に見えていた。第2第3セットとイタリアが連取したあと、あのイタリアでさえ五輪出場権を取りホッとしたのか気が緩んでか第4セットを落としたくらいだから、日本はよほど第5セットは気を引き締めてかからないとあの強いイタリアを破ることは出来ないのが当然。案の定、日本は第5セット、ボロボロだった。

もちろんこんなオレみたいなド素人が言うまでもなく、選手たちはよくわかっていて最大限の努力をして試合に臨んだのはわかっているが、まあここではド素人のオレが感じたことを言わせていただきたいと思う。

あの強いイタリアから第1セットを接戦で取った時はちょっとはうれしかったが、そのあとは多分オレはずーっと仏頂面で試合を見ていた気がする。第2セットも取って先に五輪出場権を取った上で試合に負けたのなら、もしかしたらまだ納得がいったかも知れない。とにかく希望としてはセットカウントだけじゃなく、各セット、ポイントも先取して一定のリードを保って試合を進めて欲しかった。

ところが、たとえ4点5点リードしていても、毎回いつのまにか追いつかれてそして追い越されている。そして後手後手に回って負けてしまっている。選手ががんばっているのはわかっていても、ムカムカイライラしてしまう。

それでもけっこう見入っていて、日本がミスしたりポイントされたりするたびに「あー!!」とか「えー??!!」「何やねん、もぉーっ!!」とか一人で声出して嘆いていた。そんなもんだから、この試合でイタリアのあとに2セット取って勝ち点を満たし五輪出場が決まっても、会場の盛り上がり・喜びとは逆にオレは妙に冷めていた。エラそうに「たとえイタリア相手でも、こんなんで五輪行き決めても、よっぽど幸運に恵まれない限り本番ではすぐに負けてしまうぞ」などと思いながら。

そうそう、「なんしとんねん!」とか「アッカンやろそんなんじゃ!」「ええ加減しとけよ」それから「いくらラリーが続いても、相手のほうがラクにブロックして攻撃してんのに日本必死やないかい」てな具合に、何故か関西弁で感情が頭の中に渦巻いていた。ふだん一切関西弁なんか使ってないのにね。

とにかく試合を通してずーっとそんな調子でイライラムカムカ。だからメッチャ疲れた。いや、選手たちはみんなホントにがんばってたし、オリンピックに行けて本当によかった。見るの楽しみにしてるし、もっとがんばって強くなって欲しい。イライラムカムカしない試合をして勝ち上がって金メダルを取って素直に喜ばせて欲しい。切に願う。


JUGEMテーマ:スポーツ
comments(0)
pagetop
 四大陸フィギュア2016で 笑えた

しばらく見たいスポーツの番組がなかったので寂しかったが、今夜は久々にフィギュアスケートを楽しむことが出来た。四大陸フィギュア2016…。

今日は女子SP。さすがに日本強くなったねー。最終グループは日本女王宮原知子はじめ、本郷理華、村上佳菜子 VS 米女王グレイシー・ゴールドと銘打たれていたが、ゴールドは絶不調で9位、1位に宮原、2位村上、3位は米の長洲未来、4位に本郷が来た。

しかし日本の選手の演技は、何て言うか…面白味があるね。ストーリー性と言うか、自然な流れがあって作品としてのまとまりみたいなものを感じる。それに比べて他の国の選手の演技は、「技」と「つなぎの滑り」の繰り返しって感じであんまり楽しめない…そんな気がする。

だけど今日オレ的に一番ウケたのはコレ…



「はい〜?」って見てたらしばらくこのシーンが続いて



思わず一人で声出して笑ってた。

なんか、おもしろいでしょ?
ここでウケた人きっといるよね。


 
JUGEMテーマ:スポーツ
comments(0)
pagetop
 決めきれない日本代表

男子日本代表の対北朝鮮戦…。

負けて悔しいけど、負けたことに何の不思議も感じないのは何故だろう。

前日の女子の北朝鮮との試合では、やはり日本が負けて、このブログのサイドバーにある[HITORIGOTO(ひとりごと)]のコーナーにも書いたように、「あれはなでしこジャパンじゃない。オレの知らないチームだ」って感じたけど、

今日の(正確にはもう昨日だが)男子は、「紛れもなく日本代表チームだ」と言うか「あ、やっぱりな」と感じた。「いかにも日本」「日本代表そのもの」などとも。

だって、「チャンスがあっても決めきれない」んだものねー。代々の代表チームこれ踏襲してるよね。まあ、今回は国内組の選手だけで、もし海外組の選手がいたら少しは違ってたかどうかはわからないけどね。

しかし、なんで日本代表チームってこうも決定力がないんだろう。まあ素人のオレにはよくわからないけど、選手たち本人やサッカー関係者、つまり当事者たちにはその原因ってわかってるんだよね、多分。じゃあ何故改善と言うか、克服出来ないままずーっと何年も何年も来てしまっているんだろう。むしろそれが不思議。もう限界なんだろうか…?

今回の試合だって、1点取ったあといくつかのチャンスでせめて一回でも決めていれば、流れは全然変わってただろうにねー。






JUGEMテーマ:スポーツ
comments(0)
pagetop
 やっぱ強いわ、アメリカ

2-5で見事にやられた日本・なでしこ…。

アメリカは決定力もあって、チャンスがあれば必ず決めた。その辺やっぱ日本と違うね。やっぱ強いね、アメリカ。

ただ、負けるにしてもせめて2点差、出来れば1点差にまで詰められればよかったんだけど、得点数(2点)より多い3点差は、これはかなり残念、悔しい。

でも、悔しさだけではなく、勝った相手に賞賛の拍手を送る心の余裕を持つのも、真の準優勝チーム&サポーターとしては大事なことだねー。




JUGEMテーマ:スポーツ
comments(0)
pagetop
| 1/2 | >>




SPONSORED LINKS


04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--