狼はブラックコーヒーが好き

ブラックコーヒーみたいなブログ…かな? 飲みたい人は飲むだろうし、そうじゃない人は飲まない…。 たまには砂糖やミルク、入れることもあるかもね        

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 茶店(さてん)でコーヒー飲みたいね | main | 席のゆずり合い? >>

# スマホって一体・・・

ケータイ嫌いのオレがケータイを持ち始めてもう15〜6年。スマホ大嫌いなオレがスマホに切り替えて、実は半年が経つ。

 

スマホを好きになろうとまでは思わないにしても便利グッズとしてフツーにつき合えるようなくらいはなりたいが、今のところまだキツい。扱いづらい。

 

たしかに今は仕事をする上でも携帯電話は欠かせない。でもオレにはガラ系で充分。電話とメールと時計機能とあと写真がちょっと撮れればそれでいい。

 

しかしデザインにはこだわって最初からauでカシオ製のG’z Oneシリーズのみを使って来た。あの丸窓の中にデジタル時計が表示されてるのがカッコ良く大好きだった。だがまァあのシリーズのはサバイバル仕様とあって少々重かったが、それにはけっこう慣れてしまった。

 

それで調子良く便利に大事に使っていたのに、去年の夏の終わり頃、そいつが突然故障した。しかもオレにとって必要な機能の一部分が。だからすぐに修理に出そうとした。ところが!

 

「この製品の修理はもう行っておりません」だって?!

 

オイオイ、メーカーさんよ、何を勝手なことを言ってるの。そっちがなかなかいい商品を売り出すからこっちは最初はやむを得ずとは言え購入して長年使って気に入って、そしてこれからもずーーーっと…と思っていたのに、故障してももう修理はしないなんてなんと無責任な! オレのこのG’z Oneへの愛情、愛着心をどうしてくれるの?!

 

そして仕方なく新しいのを買おうとしたら、今度はカシオがない! カシオ、どこ行った?! つまりG’z Oneシリーズまでもが勝手に終了されてしまったってわけ?! なんてこったい!

 

唯一あのデザインのスタイルを継いでいるのが京セラ製の「トルク」というスマホ。だがスマホは嫌いだ。しかし携帯電話は必要だ。おまけに今や数少なくなったガラ系には気に入るようなデザインのがない。しょーがない・・・トルクにするか・・・

 

?! ナナナナ…7万円??!!

 

高過ぎるだろ! オレ、一番最初のケータイ、1円で買ったんだぞー! ああ…もう時代が違うんだなー。しょーがないな、まったく。

 

クーポンやらポイントやらを何とか駆使してガラ系並みの5万円台で買ったけど、またまたなんてこったい、今度は月々の支払いが高い! 今までの2倍から3倍。なんで??!

 

ガラ系で使えてた無料通話サービスがスマホでは使えないっていうのもある。それにしたってワケのわからんゴチャゴチャあるアプリなんてオレは使わないし、ガラ系の時以上の物は望んでない。にもかかわらず金だけメチャ取られる。これじゃまるで強盗だァーーー!

 

おまけにメールはキーボードがじゃまで、ちょっと文字数が多くなったら見えなくなって打ちづらいし、それに2〜3日に一回は充電しないといけないし、昨日なんか朝見たらまだ75〜6%残っているという表示だったのに、何故か昼過ぎにスマホが「プルルンッ」って音を立て、何事かと思って見ると「残り15%。充電してください」だって! 出来るか!! 今外なのに。そしてあっという間に0%ととなり真っ暗になってしまった。ちょっと異常だよねこれって。ワケがわかんない。夕方になって家に帰ってから充電したけど、時計を持ち歩かなくなってるのでそれまで時間すらわからなかった。不便きわまりない!

 


カシオのG’z Oneシリーズを踏襲しているともいうべきトルクが他のスマホよりは多少重たいのはしょーがないにしても、「デカい」「重い」「不便」なスマホ、これやっぱりオレにとってはいいとこなしだね。オレ、コイツと仲良くなれるのかなあホントに。

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

| comments(0) | trackbacks(0) | 01:09 | category: 日記 |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:09 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://coffea.jugem.jp/trackback/287
トラックバック

Profile
OMOUKOTO(おもうこと)
つぶやきはあくまでつぶやきであって、それがたとえつぶやいた本人の本心であっても、「あー、腹減ったなー」程度のレベルのもので、他人を巻き込んだり、何か重要なことを決定するものでもなければ、真剣に受け取らなければいけないものでもない。だが時につぶやきは、そのつぶやき方によっては、それを聞いた者にとてつもない不快感や災いを与えたり、傷つけたりすることがある。ともすれば、人を死なせてしまうことさえも…。つぶやきはわざわざ他人に聞かせるものではない。一人でボソリと口にすればいいものだと思う。20170201
Comments
Search this site
Sponsored Links