狼はブラックコーヒーが好き

ブラックコーヒーみたいなブログ…かな? たまには砂糖やミルク、入れることもあるかも        
<< 席のゆずり合い? | main | 一線越えちゃあ、おしまいよ >>
バッカじゃないの?! あのCM
0

    今回はあるテレビCMの話…。

     

    オレがここに書くこの分野の話も、多分に漏れず「おっかしいんじゃないの!?」的なものになってしまうのが我ながら残念。もちろんここに書かないのでもおかしいのはあるだろうし、たとえ書かないまでも聞き流しているヤツは、別に問題もなくごく普通に出来たモノと言えるし、めっちゃ素晴らしいCMってなかなかお目にかからないわけで、「おかしい」と言うか「バッカじゃないの」みたいなヤツが目立ってしまうワケなんだよね。

     

    そう、当然おわかりだろうけど、ここで言う「おかしい」は決して「面白い」のではなく、残念な意味のほう。

     

    そういう意味で最近やたらと耳につくのが、あれは一体何をCMしているのか全然伝わって来ないんだけど、友達同士の電話での会話で、

     

    「読めない字があるんだけど…。

      [ウシ]みたいなヤツのとなりが[ツチ]ってヤツと、

     となりがカタカナの[ヒ]みたいなヤツ…」
    「あ、メールしといて」
    「だからさ…読めないから…打てないじゃん」

     

    というようなやり取りのがある。

     

    一瞬「なるほど」とは思ったよ。でも次の瞬間…「ん? なんで?」と思った。

     

    今自分が口で言ったように打てばいいじゃん…と。

     

    こんなのCMとして成り立つのか?! 強くそう思う。そんなふうに思っていたらその前後でナレーターが何を言っていても「バッカじゃないの?」という思いがじゃまをして伝わって来ない。

     

    よくもまあ堂々とこれをテレビで流してるもんだ…と悪い驚きと共に悪い意味での感心をしてしまう。そのCMのクライアントやそれを流すテレビ局も何故そういう作品を許しOAしているのか、ホントに理解に苦しむ。視聴者を苦しませるようなCMはやっぱりいけないと思う。

     

    制作費だってずいぶんかかっているワケだしねー。あーもったいない。

     

    思えば、オレがかつて生業としてナレーションしていたテレビやラジオのCMは大丈夫だったんだろうか。当時は生活の糧のためでもあるし、当然クライアントや制作側、ディレクター氏、ミキサー氏その他スタッフを信じてやっており、さすがに矛盾や疑問を感じた時は口を出すこともあって是正された経験もあるが、果たして視聴者ににはどう伝わっていたんだろう。ちゃんと聞いていてとくに何とも感じないのなら最低限OKだと思うのだが…。

     

    しかし今、自分が一視聴者として聞いていて疑問に思ったり「バッカじゃないの?」と思うようなCM、けっこうあるもんだねー。

     

    もしかして…もしかしたらだけど、CM業界に限らず、世の中の人間全体的にオツムが悪くなって来ているんだろうか。実際、バカな大人はよく見るし、そのほとんどが結婚して子供を作っているが、そんな人が子供をちゃんと育てているようには思い難い。その証拠にちゃんと育っていないような若者も数多く見る。そして彼らは結婚し子供を持つのだろうが、当然自分がちゃんと育てられていないのに自分の子供をちゃんと育てられる人は多くないと思う。悪循環している。

     

    おっと、話が横道にそれて来た。CMの話に戻ろう。

     

    まあ、何と言うか…、もっとちゃんと頭を使って誰もが疑問を持たないような、最低限何とも思わないようなCMを制作して欲しいと切に願う。もちろんいい意味で感心できる素晴らしいのは大歓迎。とにかくCMはその商品の良さ・素晴らしさが視聴者に素直に伝わらなければ意味がないんだから。

     

    オレは、たとえ親にちゃんと育てられていなくても、自分がまともに育つことは可能だと思っている。これという根拠がなくてもそう信じているし、実際に「これがあの親から生まれた子!?」と思えるような人も存在している。若者が今からでもそうなる可能性は充分にあると信じている。そういう人たちにCM業界でもバンバン活躍して欲しい。

     


    あと、大塚商会のダジャレCM、あれはもうすでに苦しいねー。もういい。

     

     

     

    JUGEMテーマ:気になるコマーシャル

    | CM | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
    スポンサーサイト
    0
      | - | 17:57 | - | - | ↑TOP
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://coffea.jugem.jp/trackback/289
      トラックバック
      PROFILE
      CALENDAR
      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      OMOUKOTO(思うこと)
      つぶやきはあくまでつぶやきであって、それがたとえつぶやいた本人の本心であっても、「あー、腹減ったなー」程度のレベルのもので、他人を巻き込んだり、何か重要なことを決定するものでもなければ、真剣に受け取らなければいけないものでもない。だが時につぶやきは、そのつぶやき方によっては、それを聞いた者にとてつもない不快感や災いを与えたり、傷つけたりすることがある。ともすれば、人を死なせてしまうことさえも…。つぶやきはわざわざ他人に聞かせるものではない。一人でボソリと口にすればいいものだと思う。20170201
      ENTRIES
      新着コメント
      LINKS
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      MOBILE
      qrcode
      オススメ♪
      PR